• facebook
  • twitter

肥料価格高騰対策生産者説明会

肥料価格高騰対策生産者説明会

 当JAは11月11日(金)および12日(土)の2日間、管内の4会場にて、肥料価格高騰対策に関する生産者向けの説明会を開きました。

 該当する生産者やJA役職員が参加しました。

 肥料価格等の高騰による農業経営への影響緩和のための国の支援策について、条件や申請方法を生産者に理解してもらうことが目的です。

 当日は、JA経済部購買課の担当職員が説明を行いました。

 支援の対象となるのは令和4年6月から令和5年5月に注文した肥料で、本年の秋肥と来年の春肥として使用するもの。農産物の販売実績がある農業者が対象となります。

 化学肥料低減の取り組みを行った上で、前年度から増加した肥料費について支援金が支払われます。

 今後は、JAにて対象期間内の肥料注文者を確認し、該当者に申請書等を郵送で送る予定です。

 説明会に参加した吉田公一代表理事組合長は「肥料価格高騰による農家の負担を低減するため、対象者が全員交付を受けられるようJAとして今後の申請等に最大限協力していきたい」と話しました。