• facebook
  • twitter

熊谷市農業経営者協議会奈良支部 坪刈調査

熊谷市農業経営者協議会奈良支部 坪刈調査

 熊谷市農業経営者協議会奈良支部は10月3日(月)、JAくまがや奈良支店管内の圃場にて坪刈調査を行いました。

 坪刈とは圃場にて1坪分の稲を刈取り、米の生育状況や収量を確認するもので、同支部は毎年稲刈りが本格的に始まるこの時期に行っています。

 当日は生産者、大里農林振興センター、JA担当者等11名が参加しました。

 生産者の圃場6カ所を巡回し、それぞれの圃場にて円形坪刈器を使い1坪(約3.3平方メートル)の稲を刈り取りました。

 今後は生産者のハウスにて稲束を自然乾燥させたあと、11月上旬に大里農林振興センターにて脱穀や籾摺りを行い、品質確認や10㌃当たりの収量を算出する予定です。

 同支部の小林眞支部長は「坪刈調査は同支部設立当初の30年以上前から収量や品質確認のため行っており、生産者同士の情報交換の場でもあるので非常に重要。今後も坪刈調査を通して収量および品質向上に努めていきたい」と話しました。