• facebook
  • twitter

水稲畦道講習会

水稲畦道講習会

 7月14日(木)、南部営農経済センター管内の大里地区にて水稲生産者を対象とした水稲畦道講習会が行われました。

 生産者、大里農林振興センター、JA担当者等17名が参加しました。

 この講習会は水稲の中干し時期にあわせて毎年行われており、実際に圃場を観察することで生育状況にあわせた栽培管理を行うことを目的としています。

 当日は大里ライスセンターにて大里農林振興センター担当者から今後の栽培管理について、水管理と穂肥(追肥)、病害虫・雑草対策の説明がありました。

 その後、生産者の圃場へ移動し、穂肥を施用する時期と量を判断するため、葉色板を使った葉色の確認や幼穂長の計測を行いました。

 南部営農経済センターの営農相談員である長原寛八係長は「今回の講習会を踏まえて今後の栽培管理に役立て、高品質・多収を目指してもらいたい」と話しました。

 JAでは今後も管内全域で講習会を行っていく予定です。