• facebook
  • twitter

新米祭り開催

新米祭り開催

 当JAは10月1日(土)2日(日)の2日間にわたり、管内の農産物直売所5店舗にて「新米祭り」を行いました。

 JA管内では「キヌヒカリ」「彩のかがやき」「彩のきずな」等を作付けしており、今回の新米祭りでは9月下旬から収穫がはじまった「キヌヒカリ」を中心に販売しました。

 また、店舗ごとに独自イベントも開催。一部の店舗では、ごはんにあう漬け物の販売を行い大いに賑わいました。

 来店者からは「毎年新米祭りにてキヌヒカリを購入している。今年も地元の新米が買えてうれしい」との声がありました。

 農産物直売所の統括部書である経済部直売課の杉田規夫課長は「天候の影響も少なく、今年もこの時期に新米祭りが開催できてよかった。新米を楽しみにされていたお客様に熊谷産のおいしいお米をたくさん食べてもらいたい」と話しました。

 同イベントは2日間で全店舗合計約8,000名の来客があり、玄米の総販売量は51㌧になりました。

 今後は10月下旬頃に第2弾新米祭りを開催する予定で「彩のかがやき」や「彩のきずな」も店頭に並ぶ予定です。