• facebook
  • twitter

テイクアウト新米祭り

テイクアウト新米祭り

 当JA佐久良支店敷地内にて11月6日(日)、佐谷田・太井地域保全活動組織および佐谷田地区自治会連合会、太井自治会主催の「テイクアウト新米祭り」が行われました。

 佐谷田・太井地区保全活動組織は、同地区の農家が今年立ち上げた組織で、交付金を使用して空き地にコスモスを植えるなど、環境保全等の活動を行っています。

 今回の取り組みは、同組織が地元の農業の活性化やPRのため企画。JA支店職員も地域連携活動の一環として参加しました。

 当日は、地元で収穫した熊谷産コシヒカリのおにぎり2個セットを500食分用意し無料配布。コロナウイルス感染症予防の観点からテイクアウト限定としました。

 また、たまねぎの苗をプランターに植える農業体験を先着100名限定で行い、JA職員の指導のもと、大勢の親子等が参加しました。

 来場者からは「地元のお米で作ったおにぎりを食べるのが楽しみ。たまねぎの苗植えも子供達が喜んでいたので良かった。来年の5月頃収穫できるということなので、子供と一緒に育てていきたい」との声がありましたた。

 佐久良支店の関口祐哉支店長は「地元農業のアピールができたと思う。参加者にも楽しんでもらえて本当に良かった。今後も地元の団体と協力しながら農業の活性化につながるイベントを行っていければ」と話しました。