• facebook
  • twitter

JAくまがやの農産物

熊谷の江南地区ではおよそ55年前から栽培されている特産品です。主に、ポロタンや利平といった品種や赤栗が出荷されております。ポロタンは、甘くてホクホクしており、渋皮が剥きやすいという特徴があります。利平は適度な粉質と強い甘味があり栗の王様と呼ばれています。赤栗は加工用途で出荷されており、ペースト状にしてお菓子やかき氷のシロップなどに使用されています。
栗は炭水化物が多く、糖の代謝を助けるビタミンB1、B2、ナイトシアンも含まれるので、効率よくエネルギー補給もできます。さらに、栗のビタモンCはでんぷん質に含まれているため、加熱しても損失が少なく、高い美容効果や免疫力アップの効果もあります。
皮をむいたり、ゆでたりと少し手間が掛かりますが、栄養満点でほっこりおいしい秋の味覚を味わうには最適の食材で、栗ごはんや、栗きんとん、焼栗、モンブランやマロングラッセなど、栗を使った料理は世界各国にあります。
品質が良いものはつやがあり、実に重みがあるものを選ぶのがポイントです。

JAくまがやFarmers' Market

JAくまがやでは、農家でとれた新鮮な農産物や生活に必要な食料品を、組合員や地域の方々に販売しています。管内にJAの農産物直売所が5店舗あり、年中無休(年末年始を除く)で営業しております。 野菜、果実、米(今摺り米)、畜産物(乳・乳製品・精肉)、海産物、特産物・加工品、農産物、花・植木など、四季折々の旬の野菜や特産品を多数取り揃えております。