• facebook
  • twitter

JAくまがやの農産物

ねぎ

熊谷のねぎは県内2位の生産量を誇っています。特に妻沼のねぎは利根川沿いの肥よくな土地で育ち、甘くて柔らかく、そして煮崩れしにくい美味しいねぎです。
ねぎは切ったときに、ツンとする成分はアリシンで、ニンニクやタマネギと共通のもの。この成分はビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や消火・食欲増進、免疫活性、抗菌などの働きをする他、血行を良くし、体を温める作用があるので、風邪予防に効果的です。
薬味にしたり、鍋物に使うことが多いですが、加熱すると甘味が増すので、焼きネギはもちろん色々な料理にオススメです。
選ぶときは、白くつややかで、葉との境がはっきりしているものが良品。保存の際は、泥付きなら、泥を落とさず、袋のままか、新聞紙に包んで冷暗所に立てておくとより長持ちします。皮が剝けているものは、適当な長さに切ってポリ袋にいれ、野菜室に入れます。小口切りしたものやみじん切りにしたものは冷凍でき、凍ったまま加熱調理に使えます。

JAくまがやFarmers' Market

JAくまがやでは、農家でとれた新鮮な農産物や生活に必要な食料品を、組合員や地域の方々に販売しています。管内にJAの農産物直売所が5店舗あり、年中無休(年末年始を除く)で営業しております。 野菜、果実、米(今摺り米)、畜産物(乳・乳製品・精肉)、海産物、特産物・加工品、農産物、花・植木など、四季折々の旬の野菜や特産品を多数取り揃えております。